SSブログ

2台目の車、ホンダ インテグラ 3ドアクーペのグレードとスペック [過去所有のクルマ:B16A インテグラ]

2台目の車、ホンダ インテグラ 3ドアクーペのグレードとスペック。



まず、グレードは、 1600cc DOHC VTEC PGM-FI仕様の、「 XSi
今回も、トップグレード! にしたのは、後で、後悔しないようにする為...)


【 主要装備 】赤色は、前車クイントインテグラ4ドアセダンからの装備向上点

リニアアシスト・パワーステアリング(チルト機構付)
ボディ同色電動格納式リモコンドアミラー
●パワーウインドウ
パワードアロック
プッシュ式モードコントロール/内外気切り換えスイッチ
ラム圧ベンチレーション(ドライバー側)
●フロントバケットシート(ニーエスケープデザイン)
リア可倒シートバック(6:4スプリット式)
全面ブロンズガラス
オートアンテナ
●フロントロアスカート
●マフラーカッター
●デュアルエキゾーストパイプ
●4輪ディスクブレーキ(フロント・ベンチレーテッド)
●フロント/リア・スタビライザー
アルミホイール(14インチ)
195/60R14 85Hスチールラジアルタイヤ


【 感想 】
・今回、ドアミラーが、カラードになった!
・ラム圧ベンチレーション??(思い出せなかった...)
・リア可倒シートバックは、3ドアクーペになったから...
・全面ブロンズガラス、オートアンテナは、高級志向?(バブル期だったから?)
・タイヤ幅185 から 195 へは、パフォーマンス向上!
・そして、今回は、アルミホイールが標準装備
 (前回、懲りたホワイト色ではなく、ダイアカットのシルバー!)


【 主要諸元 】(括弧)内は、前車クイントインテグラ4ドアセダンとの比較

●タイプ: 1600 DOHC VTEC XSi ( 1600 GSi )
●車名型式: ホンダ・E-DA6 ( E-DA1 )
●トランスミッション: 5速マニュアル 高回転対応型 ( 5速マニュアル )
●全長(m) : 4.390 ( 4.380 ) ※ 3ドア (4ドア)
●全幅(m) : 1.695 ( 1.665 )
●全高(m) : 1.325 ( 1.345 )
●ホイールベース(m) : 2.550 ( 2.520 )
●最低地上高(m) : 0.150 ( 0.160 )
●車両重量(kg) : 1,100 ( 990 )
●乗車定員(名) : 5 ( 5 )
●エンジン型式 : B16A ( ZC )
●エンジン種類 : 水冷直列4気筒横置 無鉛プレミアムガソリン使用
           (水冷直列4気筒横置DOHC 無鉛ガソリン使用 )
●燃焼室形式 : ペントルーフ形 ( ルーフ形 )
●弁機構: DOHC ベルト駆動吸気2 排気2 ( DOHC ベルト駆動吸気2 排気2 )
●総排気量(cm 3 ) : 1,595 (1,590 )
●内径×行程(mm) : 81.0×77.4 ( 75.0×90.0 )
●圧縮比 : 10.2 ( 9.3 )
●燃料供給装置形式 : 電子燃料噴射式 ホンダPGM-FI
              (電子燃料噴射式 ホンダPGM-FI )
●燃料ポンプ形式 : 電動式 ( 電動式 )
●燃料タンク容量(L) : 50 ( 50 )
●潤滑油容量(L) : 4.8 ( 4.0 )
●潤滑方式 : 圧送式 ( 圧送式 )
●点火装置形式 : フル・トランジスタ式バッテリー点火 ( フル・トランジスタ式 )
●最高出力(PS/rpm) : 160/7,600 ネット値 (120/6,500 ネット値 )
●最大トルク(kgm/rpm) : 15.5/7,000 ネット値 (14.0/5,500 ネット値 )
●燃料消費率(km/L) : 10モード走行(運輸省審査値) 12.2 ( 14.0 )
●最小回転半径(m) : 5.0 ( 4.9 )
●クラッチ形式 : ラック・ピニオン式 ( ラック&ピニオン式 )
●タイヤ(前/後) : 195/60R14 85H ( 185/60R14 82H )
●主ブレーキの種類形式 : (前) 油圧式ベンチレーテッドディスク
                   (ベンチレーテッドディスク )、
                 (後) 油圧式ディスク ( ディスク )
●懸架方式 : ダブルウイッシュボーン式(前/後)
         ( (前) マクファーソン・ストラット式、(後) 車軸式 )
●スタビライザ形式: トーション・バー式(前/後) ( トーション・バー式(前・後) )


【 感想 】
・車両重量(kg) : 1,100 ( 990 )は、重くなった!
            (B16A 搭載により、シリンダーヘッド周りが重い?)
・エンジン型式 : B16A ( ZC )は、両方が名機!
・エンジン種類 : 無鉛プレミアムガソリン使用 (無鉛ガソリン使用 )は、
           リッター100馬力の為に我慢...
            (今は、10円高だが、当時は、20円は高かった...)
・内径×行程(mm) : 81.0×77.4 ( 75.0×90.0 )は、高回転型!
              ( ビックボア&ショートストローク )
・最高出力(PS/rpm) : 160/7,600 ネット値 (120/6,500 ネット値 )は、
               リッター100馬力!










装備やエンジンなど、写真が無くて、文章のみ...(概観以外は...)


















そして、やっと概観!

【 フロント 】
HONDA B16A DOHC V-TEC INTEGRA 3Dクーペ②.jpg
ヘッドライトの幅が広いのが特徴!(ナンバープレートの所まできている程の幅)

【 リア 】
HONDA B16A DOHC V-TEC INTEGRA 3Dクーペ③.jpg
ウィンカー&バックランプがピンク色?なのは、あまり好きではなかった...
(やはり、マイナーチェンジで改善された...)

【 サイド 】
HONDA B16A DOHC V-TEC INTEGRA 3Dクーペ①.jpg
この頃から、LEDハイマウントストップランプ内蔵リアスポイラーが流行り、
迷ったが、結局、未装着...(流行に乗り遅れた...)



この車の思い出も、次の機会にします...
(また、がんばって、思い出します...)


人気ブログランキングへ 参加中
にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ 参加中(にほんブログ村)
クリックで応援お願いします










































おっと!?










































【 主要諸元 】 の記入で、大きな!書き間違いがあった!










































それは!?











































●トランスミッション: 5速マニュアル 高回転対応型

ではなく、

●トランスミッション: フル電子制御(PGM)2WAY4速オートマチック              デュアルモード・ロックアップ



の、オートマを選択してしまったのだ...
(せっかく B16A DOHC VTEC の高回転がたエンジンなのに...)







しかも、その場合のエンジンは...







●最高出力(PS/rpm) : 160/7,600 ネット値 (120/6,500 ネット値 )

ではなく、

●最高出力(PS/rpm) : 150/7,100 ネット値 (120/6,500 ネット値 )


と、なってしまい、リッター100馬力ではないのだ...



その為、

せっかく話題性のある VTECに乗っているのに、
リッター100馬力( 160ps )のVTEC はどう? 」 と聞かれても、

自分のは、オートマなので、150ps で、リッター100馬力では無い...

と、答えるしかなかった...



結局、今回も後悔...(次回の思い出に続く!)


人気ブログランキングへ 参加中
にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ 参加中(にほんブログ村)
クリックで応援お願いします

タグ:マフラーカッター トランスミッション 1600 GSi ホンダ インテグラ 3ドアクーペ DOHC VTEC 前車クイントインテグラ4ドアセダン ボディ同色電動格納式リモコンドアミラー パワードアロック 主要装備 リア可倒シートバック 全面ブロンズガラス オートアンテナ フロントロアスカート デュアルエキゾーストパイプ 4輪ディスクブレーキ(フロント・ベンチレーテッド) フロント/リア・スタビライザー アルミホイール (14インチ) 195/60R14 85H 主要諸元 1600 DOHC VTEC XSi ホンダ E-DA6 ホンダ E-DA1 車名型式 5速マニュアル 高回転対応型 全長(m) 全幅(m) 全高(m) ホイールベース(m) 最低地上高(m) 車両重量(kg) 乗車定員(名) エンジン型式 B16A ZC エンジン種類 水冷直列4気筒横置 無鉛プレミアムガソリン使用 燃焼室形式 ペントルーフ形 ( ルーフ形 ) 総排気量(cm 3 ) 内径×行程(mm) 圧縮比 燃料供給装置形式 電子燃料噴射式 ホンダPGM-FI 燃料ポンプ形式 電動式 燃料タンク容量(L) 潤滑油容量(L) 潤滑方式 圧送式 点火装置形式 フル・トランジスタ式バッテリー点火 最高出力(PS/rpm) 最大トルク(kgm/rpm) 燃料消費率(km/L) 10モード走行(運輸省審査値) 最小回転半径(m) クラッチ形式 ラック・ピニオン式 タイヤ(前/後) 主ブレーキの種類形式 油圧式ベンチレーテッドディスク 懸架方式 ダブルウイッシュボーン式 マクファーソン・ストラット式 車軸式 スタビライザ形式 トーション・バー式
nice!(35)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 35

コメント 4

りょう

私が初めて所有した車だ!懐かしい。マニュアルに乗ってました。車内がとても広かったのを覚えています。
by りょう (2010-09-14 17:02) 

sony_type-r

> りょう さん
この車のマニュアルに乗っていたのですね。
自分は、2台目で、最初の車がマニュアルだったので、オートマにも乗ってみたくなり、オートマに...

また、確か3ドアでも、5人乗りの車でしたね!
(自分が欲しかったシビックタイプRは、4ドアなのに4人乗り!?)
by sony_type-r (2010-09-14 21:41) 

はまちゃん

私はもっと下のグレートのでしたが
この当時、1600ccで自然吸気で160馬力は驚き
でしたよね!
ボンネットがわりと低くて、Aピラーも細かったので
(プレリュードなんかもそうでした) すごく視界が
良くて、スポーティーなクルマに乗ってるな感が
あって良かったです。(^。^)
by はまちゃん (2010-09-16 00:32) 

sony_type-r

当時の1600ccで自然吸気で160馬力は、車に詳しくない自分にも、インパクトがあったのを覚えています。(新エンジンに付けられた ”DOHC VTEC” のネーミングもかっこよかったです!)

また、ボンネットが低く、グリルレスのフロントマスクが、当時のホンダ車に共通していたと思います。
( Aピラーが細い為もあり? この頃のホンダ車の剛性は低かったです... )
by sony_type-r (2010-09-16 01:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。